ギフトパッド

販促品の必要性と新しいタイプのものを利用するメリット

ホーム > コラム > 販促品の必要性と新しいタイプのものを利用するメリット

販促品の必要性と新しいタイプのものを利用するメリット

販促品を作る



商品やサービス、企業やお店のイメージを知ってもらったり好印象を持ってもらったりするためには販促品というものがとても重要です。これは販売促進を進めるために必要なツールであり、ポケットティッシュやボールペンといったものがよく使われます。

販促品というのは無料で消費者に提供をします。広告やクーポンといったものと一緒に渡すのでもらう価値があると思えるものやほしいと思わせるものを作る必要があります。利用してもらうことで広告宣伝効果もありますし、自社のことを知ってもらうチャンスにもなるものです。そこで集客や認知度を上げることを考えることも重要ですがそれと並行していかにもらってもらうことができる商品を作るか、配布方法をどうするかということも考えることが必要です。

配布するのは無料で行いますが、製作をするとなれば費用が発生します。そこで少しでも広告宣伝効果が出るように自社のロゴを入れたりキャンペーンのキャッチコピーなど様々な形で伝えたい情報を入力したりします。せっかく入力した情報がすぐに失われないよう使ってすぐ終わり、というものやラッピングを剥がしたら印刷がなくなってしまうというものは避けるべきです。面倒ですが商品のデザインになじみつつもしっかりと自社のアピールをすることができるものを選ぶことが必要になります。

このように受け取ってもらえてなおかつ自社のことを知ってもらうことのできる商品を作るというのはとても難しいことです。しかし地道な作業ですが繰り返していくことで認知度が広まったり使ってもらえる人が増えたりと効果を発揮することができます。自社のアピールをしたいという気持ちがありつつもさりげなく邪魔にならない程度のアピールにしておくほうが活用してもらいやすくなります。



オリジナルのものを制作する大変さ



最近ではいろいろな企業が自社のアピールのために様々な販促品を作っています。昔はポケットティッシュやボールペンが定番でしたがそれ以外にもどんどんと商品は増えています。少しでも多くの人に興味関心を持ってもらうには配っている商品やチラシを手に取ってもらわなければなりません。そのため寒い時期であればすぐに使えるようにカイロを渡したり、暑い時期にはうちわを渡したりと各社様々な工夫を凝らしているのです。

そのような多くの人が様々なものに挑戦して作成をしているとなるとどうしてもオリジナリティーのある新しいものを作成することが難しくなってきてしまいます。そのため、各社とも今までなかったようなものを作り出すにはどうしたらよいかと頭を抱えています。

やはりオリジナリティーのあるもので誰もがほしいと思えるものとなれば予算も必要となってきます。販促品は無料で配布するためにどうしても経費が掛かってしまいます。余ってしまうとロスが発生してしまいますし、配布する人員の人件費も無駄なものになってしまいます。そこで少しでも多くの人が興味関心をもって手に取ってもらうことができ、なおかつコストがあまりかからず自社の名前やロゴにもちゃんと目を向けてくれ使ってくれる商品というとても難しい条件の中から適切な商品を選ばなければならないのです。

そのため最近では今までのような品物だけではなくカタログギフトのようなタイプのものも出てきています。このような新しいタイプのものを制作することで多くの人の興味関心を集めようと工夫をしているのです。



新しいタイプの販促品



新しいタイプの販促品として紙のギフトカタログのようなものを作るサービスを行っている企業があります。これはオリジナルカードやチケットを作成して配布をし、景品やノベルティをインターネット上のカタログから選ぶというものです。受け取った人は自分で選ぶことができるため、届いたものの中から必要と思ったものを選ぶことができます。これによって従来のようなもらったけれども使わないということを避けることができるのです。またインターネットに情報を入力するという手間はかかってしまいますが、欲しいものをもらうことができるため、登録をした人はその販促品をきちんと使ってくれる可能性も高まります。

このようなチケット制にすることで目新しいということでまずはきちんとそのチケットの内容を確認してもらうことができます。そうすることで自社のことを知ってもらう機会を作りやすくなるのです。また、しっかりと読んだうえで情報入力をして商品を受け取るという作業が発生します。これによってインターネットを介して会社側とのコミュニケーションを図る機会を設けることができるのでより一層自社の情報を記憶に残しやすくなります。気にいってもらえたり興味関心を持ってもらうことができたらそこからメールマガジンへの登録をしてもらうこともできます。これによって長くかかわることができますし、顧客として根付いてくれる可能性もあるのです。必要ないという人は受け取りませんからギフトのコスト管理もしやすくなるというメリットもあります。まだまだ新しいサービスだからこそ注目度も高く利用してもらえる可能性も高まります。

次の記事へ

ギフトパッド、株式会社カルビーのオリジナルギフトの販売を開始|「カード1枚」「メール1通」で贈れるあなただけのギフト|販促ノベルティ|ギフトパッド - GIFT PAD