ギフトパッド

紹介特典を活用!?カタログギフトの活用シーンや選び方

ホーム > コラム > 紹介特典を活用!?カタログギフトの活用シーンや選び方

紹介特典を活用!?カタログギフトの活用シーンや選び方

カタログギフトの活用ができるシーンについて


プレゼントをする機会は少なくないので、実際にどのような贈り物がいいのか迷っている方もいるでしょう。プレゼントは街中のショップで購入することもできます。また、現在ではインターネットが普及しているので、通販で購入してプレゼントを準備することも可能です。プレゼントを選ぶ時は、できるだけ相手に喜んでもらえるものを選ぶのが一般的です。もし相手がいらないものを選択すると、長い間使ってもらえないこともあるでしょう。また、喜んでもらえない可能性もあります。しかし、相手に喜ぶものを選択することは簡単ではありません。自分の親しい友人や恋人であれば、どのようなプレゼントであれば喜んでもらえるのかイメージすることはできます。しかし、実際にプレゼントをする相手は、全て自分の知っている人は限りません。そのため、喜んでもらえるように、カタログギフトを選択する人が多いです。カタログギフトは自分で商品を選ぶのではなく、相手が複数の商品の中から自分好みのものを選択することができるので、相手が不要なものをプレゼントしないで済みます。このように利便性が高く、魅力も多いので、数多くのシーンで活用されています。
活用シーンのひとつとして挙げられるのが、結婚式の引き出物です。結婚式を挙げる人の中には複数のゲストを会場に招く方もいます。ゲストを招待する時は、引き出物を渡すのが一般的です。引き出物はゲストの人も楽しみにしているので、できるだけ普段の生活で活用できるものを渡ししたいと考える新郎新婦が多いです。そのため、商品を購入するのではなく、カタログギフトを選択する人もいます。結婚式に来場するゲストの、全ての好みを把握することは難しいですが、カタログギフトであれば、それぞれのゲストが複数の商品の中から好みのものを選択できるので、喜んでもらえるものをプレゼントできます。
そのほかの活用シーンは、コンペの景品です。会社では、ゴルフコンペなどを開催するところも少なくありません。コンペをすることで、社員はスポーツなどを楽しむことができます。また、競い合うので、入賞した人には景品をプレゼントしたいと考える人もいるでしょう。景品があれば、コンペを盛り上げることができます。カタログギフトはこのようなコンペ景品としても活用することが可能です。そのほかにもお中元やお歳暮を贈る際に活用できます。お中元やお歳暮は、親戚や友人など比較的親しい人に送ります。そのため、喜んでもらうために、カタログギフトを選ぶ方も増えています。

カタログギフトは紹介特典にも使われる?


カタログギフトは紹介特典のプレゼントに活用されていることをご存知でしょうか。紹介特典とは、ご家族や友人、知人に企業が販売している商品やサービスを勧めて、購入してもらうことができたら、そのお礼として紹介者に特典がプレゼントされることです。紹介特典を実施している企業はたくさんあり、実際に取り入れてみたいと方もいるのではないでしょうか。紹介特典を取り入れることで、今までよりもサービスや商品を購入してくれる人が増える可能性があります。実際に企業の商品を購入して、その商品に魅力がたくさんあると感じても、知人や友人に積極的に紹介しないという人もいます。しかし、もし特典があれば、紹介することでカタログギフトを受け取ることができるので、できるだけ周囲の人に教えたいと思ってくれる方も増えることも考えられます。
既に紹介特典としてカタログギフトを取り入れている企業もあります。例えば、ウオーターサーバーを取り扱っている企業です。現在利用しているお客さんから、新たに利用する人を紹介して入会した場合、紹介者や入会者にギフトをプレゼントしています。カタログギフトの中には安価に購入できるものもあるので、紹介特典の導入を検討している人は、選択肢のひとつとして考えてみるといいでしょう。

紹介特典のための、カタログギフトの選び方のコツを知ろう


紹介特典を考えている人で、カタログギフトを取り入れたい方は、複数の中からお好みのカタログギフトを選択することになります。実際にどのように選べばいいのかわからない方もいるので、選び方を紹介します。
選び方のコツは、どのような商品を受け取ることができるかどうかです。実際に、受け取ることができる商品は種類によって異なります。例えば、食品を中心に扱うものもあれば、家電などの商品を受け取れるものもあります。選ぶ時には紹介をしてくれる人はどのような年齢層なのかなどを考えて選択するようにしましょう。そのほかのコツは価格です。受け取れる商品によって価格が異なります。そのため、価格も確認しておいたほうがいいでしょう。それぞれの企業で予算があります。無理のない範囲で選ぶためにも、予算内で購入できるものを選ぶようにすると失敗もないでしょう。

次の記事へ

ギフトパッド、株式会社カルビーのオリジナルギフトの販売を開始|「カード1枚」「メール1通」で贈れるあなただけのギフト|販促ノベルティ|ギフトパッド - GIFT PAD