ギフトパッド

福利厚生でカタログギフトを取り入れよう

ホーム > コラム > 福利厚生でカタログギフトを取り入れよう

福利厚生でカタログギフトを取り入れよう


福利厚生にカタログギフトを取り入れよう



企業の中には、福利厚生の見直しを検討している人も少なくないでしょう。福利厚生とは簡単に言えば会社側が給与やボーナス以外で提供する報酬のことになります。実際には二つに分けることができ、それは法定福利とそれ以外になります。法定福利とは社会保険のことになります。法定福利は法律で定められているので企業は社会保険を提供してなければなりません。社会保険として挙げられるのが、医療保険や年金保険、介護保険のことになります。法定福利は必ず企業側が負担しなければなりませんが、それ以外に企業は自由に給与以外の報酬を社員に提供することができます。例えばスポーツジムを無料で利用できるサービスや食事券などが支給されるところもあります。では実際にこのような法定福利以外のものを社員に提供することで企業側はどのような利点を得ることができるのでしょうか。

利点の一つとして挙げられるのが、優秀な人材を確保することができることです。現在新卒などで就職をするために活動する人の中には自分が働く企業を選択しています。現在の日本では複数の企業が存在し、自由に自分が働く会社を選択できます。就活生の中には企業選択をする時にはその会社の福利厚生制度を確認している人も少なくありません。もし充実していれば給与以外に得られる報酬が多いので就職できればメリットがあるからです。福利厚生を充実させることで多くの就活生に自社を就職先の候補として選択してもらうことができ、募集してくれた人の中には企業が求める人物像の人も存在する可能性もあり、優秀な人材確保を期待できます。

その他の利点としては社員の健康管理をサポートできる可能性があることです。現在では鬱病などの精神疾患などを患う社員は珍しくありません。健康管理ができていないと病を抱える社員が増える可能性があり、社員の健康管理体制を見直しているところは少なくありません。例えば福利厚生に健康に関するグッズ提供をしたりすることで健康的な身体作りやストレス解消をサポートできます。このように充実させることで複数の利点がありますが、内容は自由に企業が選択できるのでどのような報酬が社員に適しているのか選び方に迷っている方も少なくないでしょう。現在企業の中にはカタログギフトを導入するところが増えています。カタログギフトと聞くと結婚式の引き出物や出産祝いなどをイメージする人もいますが、福利厚生の一つとしてカタログギフトを既に導入しているところもあります。



福利厚生にカタログギフトを導入するメリットとは?



企業は様々なシーンでカタログギフトを利用することが可能です。例えば社内褒賞やゴルフコンペ、永年勤続の記念品などです。では実際に福利厚生としてカタログギフトを導入することでどのようなメリットを得ることができるでしょうか。

メリットの一つとして挙げられるのが、社員が欲しいものを自ら選択することができる点です。当然ではありますが担当部署の社員が全社員の好みのものを知っているというケースは少なく、全て把握することは困難です。それぞれの人で欲しいものが異なり、もし生活に不要なものを貰ったとしても使う機会が少ないと感じる人は少なくありません。もしカタログギフトを導入すれば事前調査なしで社員が欲しいものをプレゼントすることができます。

その他のメリットとしては記念になることです。例えば毎年一年全ての社員にプレゼントをする会社では記念品として活用することができませんが、ゴルフコンペや永年勤続などでプレゼントする企業では受け取った社員が記念になると思ってくれる人も少なくありません。担当部署の負担を少なくできることも利点の一つです。実際にゴルフコンペなどを開催するところでは担当部署を決めてその部署が賞の準備をしたり、会場選択を行います。賞を準備する時は何が相応しいのか商品選択に時間がかかるところも少なくないですが、カタログギフトであれば受け取った社員がカタログを見てプレゼントを選択し受け取る商品を決めることになるので、担当部署の手間を少なくすることが可能です。



福利厚生を充実させるためにシステムの導入をしよう



現在ではカタログギフトを贈ることができるシステムが販売されており、それを導入すれば福利厚生に活用することができます。そのため、実際にシステムの利用を検討している人も少なくないでしょう。

選び方のコツとしてはまず福利厚生向けの機能を提供してくれるかどうかです。例えば、システムの中には動画で感謝の気持ちを述べることができる機能が搭載されているものなど、福利厚生にも活用できる機能が搭載されているシステムもあります。システムを選択する時は導入事例なども確認しましょう。導入事例を確認することで実際に利用している企業がどれぐらいいるのか知ることができます。

また、導入事例を見ることでシステム導入後にどのようなメリットを得ることができたのかなどを感想も伺うことができるので、選ぶ際に活用できます。

次の記事へ

ギフトパッド、株式会社カルビーのオリジナルギフトの販売を開始|「カード1枚」「メール1通」で贈れるあなただけのギフト|販促ノベルティ|ギフトパッド - GIFT PAD