ギフトパッド

目的に応じたカタログギフトの選び方

ホーム > コラム > 目的に応じたカタログギフトの選び方

目的に応じたカタログギフトの選び方

カタログギフトを贈る理由


自分の欲しいものを選べるカタログギフトは、その便利さから贈る方からも贈られる方からも人気を集めており、今や結婚式の引き出物や、出産の内祝いなどとして定番ともいえる存在です。普通の贈り物ではなく、カタログギフトを贈るのには、もちろん理由があります。一般的なギフトを贈る場合、相手の好みがわからないと商品選びが難しくなることがあります。また、相手の好きなものを下調べして贈っても、すでに持っているものだったということもあるかもしれません。その点カタログギフトなら、商品数が多いうえに選ぶのは先方です。気に入ったものが見つかる確率が上がるだけでなく、贈る側もギフト選びにかける時間が節約できます。
また、結婚式の引き出物の場合、出席しているゲストに複数の品物を渡すことが多いので、重くてかさばってしまうのが難点です。実際に、電車の中などで、礼服を着た結婚式帰りと思われる人が、重そうに大きな紙袋を下げてる姿を見かけたことのある方もいるでしょう。もし、それらの品物がカタログギフトだったら、それほど大きな荷物にならないで済みます。
しかし、カラー写真で構成されたカタログは、大きさはともかく、ページ数が増えると重量はそれなりにあります。その弱点を克服したものとして、WEBカタログを使ったギフトも増えつつあります。WEBカタログなら、先方にメールなどでURLを知らせるだけで済みます。

ギフトカタログを選ぶときのポイント


普通のカタログギフトは、価格帯が設定されています。贈る相手や目的に応じて適当な価格を決めます。
相手に先にいただいたものへのお返しは「1ヶ月以内に半返し」というのが基本になっています。いただいたものがお金の場合は、その半額程度のお返しをするのは簡単ですが、ギフトの場合は金額を調べる必要があり、少し手間がかかります。ただし、半返しとはきっちり半額を返すという意味ではなく、半額程度の品物をお返しするということです。お返しをする相手先によっては、半額ということに、それほどこだわる必要はありません。次に、カタログの中身をチェックすることも大切です。なぜなら自分が先方にどんな商品が掲載されたカタログを贈ったのか知っておく必要があるからです。その際、商品の数の多さもポイントになります。やはり、多くの商品の中から選ぶ方が気に入ったものがみつかる可能性が増えます。
商品は、あとに残るものばかりでなく、食品などの残らないものもたくさん掲載されているカタログを贈るのもいいでしょう。贈られる側によっては、あとに残るものよりも、残らないものの方が気持ちが楽だと感じる人もいるからです。それに、なかなか気に入った商品がなくても、普段あまり手が出ないような高級食材をこの機会に選ぶこともできます。
また、最近は「体験」というカテゴリーの商品もあります。これは、旅行やエステ、ゴルフレッスンなど、様々な体験が商品となっているカタログです。アクティブで好奇心旺盛な人に贈るのには最適です。年齢や性別、家族構成などによって分けられたカタログもあります。それだけ、先方の好みのものや必需品などが多く掲載されているということになります。女性と男性、単身者とファミリーでは、欲しいものが違ってくるのは当然です。相手の立場に立ったカタログを選ぶということも重要なポイントです。

喜ばれるカタログギフトを贈る


人気のカタログギフトですが、状況に応じたカタログを贈ることはとても大切です。例えば、結婚式の引き出物として贈る場合は、かさばらないという点を考える必要があります。先ほど出てきたWEBカタログは、まさに引き出物向きです。中には、SNSやメールでURLを知らせるだけでは味気ないと感じる人もいるかもしれません。そんな時は、新郎新婦のメッセージなどと共にURLが印刷されているカードを引き出物の紙袋に入れるという方法もあります。軽くて邪魔にならないので、とても重宝します。また、結婚式には若い人から年配の人まで出席するので、年齢層にわけて数種類のカタログを用意しておくのも、先方のニーズに合わせたアイデアです。
主産祝いにもカタログギフトはピッタリです。赤ちゃんの誕生はおめでたい話なので、あちこちからたくさんの品物をもらうこともあります。しかし、赤ちゃんの洋服やおもちゃ、哺乳瓶など、同じようなものが集まってしまうことも珍しいことではありません。そういった事態を避けるために、カタログから赤ちゃんが必要なものが選べたら、育児で大忙しのお母さんも助かります。
このように、カタログギフトは様々な目的や状況に応じて対処することができます。どんな時でもギフトは先方に喜ばれるのが一番だということを念頭に置いて選ぶと、相手が喜ぶカタログギフトを選ぶことが可能です。中には、自分で商品設定ができるカタログギフトもあります。

次の記事へ

ギフトパッド、株式会社カルビーのオリジナルギフトの販売を開始|「カード1枚」「メール1通」で贈れるあなただけのギフト|販促ノベルティ|ギフトパッド - GIFT PAD