ギフトパッド

株主優待などのカタログギフトの利用シーンや利点と選び方

ホーム > コラム > 株主優待などのカタログギフトの利用シーンや利点と選び方

株主優待などのカタログギフトの利用シーンや利点と選び方

カタログギフトを利用できるシーンについて


カタログギフトを利用するシーンはとても多いです。
例えば結婚式の引き出物です。今では結婚式の挙げ方はそれぞれの人で異なります。家族婚などを選択する人も多いですが、多くの人に祝ってもらいたいと考える人も多く、ゲストとして友人や会社の同僚を招くこともあります。その時に引き出物を渡すのが一般的ですが、このような祝い事にもカタログギフトが使われる機会は多いです。
また、株主優待としても利用できます。日本の企業の中には上場している会社も数多く存在しています。上場している企業全てが株主優待を取り入れなければならないという決まりはありませんが、株式市場に上場している企業の中にはできるだけ自社株を投資家に購入してもらうために株主優待を導入するところもあります。株主優待ではその企業が提供するサービスの割引券を配るところもあり、それぞれの企業で株主に対するギフトは異なりますが、企業の中には株主優待に課題を抱えているところもあります。例えば、独自性です。独自性がないと他の上場企業と差別化を図ることができないので、その企業の株を選択してくれない可能性もあります。また、他の企業の方が株主優待が魅力的である場合、投資家が自社株を売却して他の上場企業の株式を購入するリスクもあります。その他にも課題を抱えている企業の中には感謝の気持ちをしっかりと伝えられていないと思うところもあります。上場企業は株主から融資を受けて事業運営をしているので、毎年一回は感謝の気持ちを述べるのが一般的です。このような課題を抱える企業の中には株主優待にカタログギフトを選択する人もいます。実際に導入している企業もあり、満足度も高く一定の効果を期待できます。
その他の利用シーンとしては、親族の誕生日や引越し祝いのときです。身近な方が誕生日を迎えたり引越しをしたりした時にはお祝いの気持ちを表現するために何か贈り物を準備する人が多いです。決して贈り物をする方法はカタログギフト以外にもさまざまなものがありますが、誰にでも喜ばれるものとして選ばれるギフト形式の一つです。

カタログギフトを活用する利点とは


カタログギフトを選択することでどのような利点を得ることができるのでしょうか。
利点の一つとして挙げられるのが、相手に好きなものを選択してもらうことができる点です。プレゼントを渡した時に、相手が欲しいものでない場合、気持ちを伝えることはできますがプレゼントを使ってもらえない可能性もあります。基本的にカタログギフトを選択すれば複数の商品の中から自分が好きなものを選択することができるので、相手の好みのものを選択してもらうことができる可能性が高くなります。
二つ目は、プレゼント選びを短縮することができる点です。できるだけ相手が喜ぶプレゼントを渡したいと考え、相手の趣味に合わせたプレゼントを購入したいところですが、なかなか思うように選ぶことができないときもあります。特に大切な人に渡す時はプレゼント選びに長期間費やしてしまう人も珍しくありません。当然、プレゼントを選択する人もお仕事や家事などで追われて時間に余裕がない人もいます。もしカタログギフトをプレゼントとして選択すれば、自分がプレゼントを選択しなくてもいいため、ギフトの準備を少なくできる可能性があります。
三つ目は、持ち帰ってもらう時に相手の負担が少ないという点です。例えば結婚式の引き出物として渡す機会も多いですが、遠くから来ている人もいるので、お皿や大きな家電製品はかさばる可能性があります。持ち運びをするのに負担をかけることになるので、引き出物探しをしている人の中にはかさばらないものを選択したいと思う人は少なくありません。そのような時にカタログギフトを選択すれば、家電製品やお皿よりも持ち運びがしやすいです。
このように利点が多く、株主優待などの複数の方に送る時などにも選ばれているので、何かの贈り物を検討している人はカタログギフトでプレゼントをしてみてはいかがでしょうか。

カタログギフトを注文するための業者選びについて


カタログギフトの準備をすることを検討している人の中にはどのような業者に依頼をすればいいのかわからなくて困っている人も多いのでここで説明します。
まずサービス内容を確認します。それぞれの業者で対応してくれるサービス内容は異なり、サービス内容によってプレゼントの仕方も異なります。そこで、業者を選ぶ時は自分が利用したいサービス内容の有無を確認します。
次に、導入事例を確認します。導入事例を見れば、実際にどのような企業が既に利用しているのかを知ることができます。導入事例の中には株主総会のギフトとして利用した人ものっています。また、同じ課題を抱えてサポートを受けた人の内容も記載されているので、業者選びの参考にできることが多いです。
このような選び方がありますが、ホームページや電話から問い合わせができるところも多いので、疑問がある人は一度相談することをおすすめします。

次の記事へ

ギフトパッド、株式会社カルビーのオリジナルギフトの販売を開始|「カード1枚」「メール1通」で贈れるあなただけのギフト|販促ノベルティ|ギフトパッド - GIFT PAD