ギフトパッド

引き出物のポイントと定番アイテムをご紹介

ホーム > コラム > 引き出物のポイントと定番アイテムをご紹介

引き出物のポイントと定番アイテムをご紹介

引き出物には2つのタイプがある


引き出物の名前の由来は、平安時代ごろ宴の席で招待客に「馬を引き出してきて贈った」という説が濃厚です。現在は慶事の結婚式や披露宴、そして法事の席でものを贈る習慣が一般化しています。ここでは結婚式と法事での引き出物とはどのような意味を持つのかについて詳しく説明します。
まずは結婚式や披露宴で招待客に贈る「引き出物」について見ていきます。実は、昔と現在では引き出物の意味合いが少し違います。昔は結婚式でふるまった料理を招待客のご家族にも持って帰ってもらう「お土産」という意識に重点が置かれていました。しかし現在では、忙しいところ列席して頂いたことへの感謝の気持ちを込めた「お返し・贈り物」という意味合いが強くなっているのではないでしょうか。かつては料理をお土産としてお渡ししていましたが、衛生面を配慮した点から徐々に日持ちのするもの、腐らないものを贈り物として招待客にお渡しするようになりました。
次に法事での引き出物について見ていきましょう。四十九日を過ぎてから行う法事にお礼の品としてお渡しするものを引き出物と言います。四十九日より前のお返しの品は香典返しと言い、二つは区別されています。故人のご冥福をお祈りするセレモニーである法事では、参列して頂いた方への感謝の気持ちを込めてお茶やのりなどを贈る風習が全国各地で広まっています。

引き出物を贈るときのポイントとは


結婚式に来て頂いた大切な家族や親戚、友人や知人たちに感謝の気持ちを伝える「贈り物」だからこそマナーはしっかりと押さえておきたいところです。今回は結婚式や披露宴でお客さんに渡すときのポイントを紹介していきます。
まず結婚式での引き出物では贈ってはいけないものがあります。それは、切れる、別れる、苦しいなどを連想させるような品物です。具体的には「苦」と「死」を掛けた「櫛」や「切れる」を思い浮かばせる「はさみ」や「包丁」がそれにあたります。結婚式は婚約を交わした夫婦が新しい人生のスタートとなる華やかな日です。そのためなるべく二人にとって明るい未来が想像できるような品物を選ぶように心掛けることが大切なポイントです。
表書きは「寿」が一般的です。のしの下段には両家の姓を書きます。その際右が新郎、左が新婦の名前がくるように注意します。最近では新郎新婦の名前だけを書く習慣も広まっています。どちらにしようか悩んだら両家のご家族と相談して決めるのも良いでしょう。水引は「結び切り」を選びます。結び切りは一度結んだらほどけないことから、夫婦の強い絆を表しています。
次に法事の際にお渡しするマナーについて見ていきましょう。法事は故人のご冥福をお祈りする厳粛な儀式ですので、縁起が良い品物を選ぶのはタブーとされています。具体的には「喜ぶ」をイメージさせる「昆布」や、魚や肉などのナマモノ、ビールなどのお酒がそれに当たります。法事は不祝儀なものですので、縁起が良いことを想定させる品物は避けることがポイントです。
法事での引き出物にはのしはつけません。四十九日の法事の際には「志」「満中陰志」「粗供養」「忌明志」などの表書きを選びます。地域によって表書きは異なりますので、地域の風習に合わせましょう。表書きの下には喪主の名前を書きます。この際、墨は薄墨でなく黒い墨を選ぶので注意が必要です。水引は黒白、または双銀の結び切りを選びます。商品の包装は白やグレー、グリーンなど落ち着いた色を選ぶことも忘れないようにしましょう。

もらって嬉しい引き出物をご紹介


ここでは定番からオリジナルまで、貰った人が喜んでもらえるような引き出物を紹介していきます。
まずは結婚式で貰った方が思わず笑顔になるような品物を見ていきましょう。カタログの中から好きなものを選ぶことができる「カタログギフト」は近年根強く人気があります。ただ年配の方にとっては、選び方がわからないと思われる方もいるので、贈る方の年代に合わせたカタログを選ぶことがポイントです。また日常的に使用する食器やキッチン用品も人気があります。ただし食器セットは重くなることがありますので、遠方から来て頂いている方には配慮が必要です。
相手に合わせて異なる引き出物を選ぶというこだわり派のご夫婦も増加しています。ポイントは相手が喜ぶ顔を想像しながらギフトを選ぶことです。例えばお酒が好きな方には普段手に入れるのは難しいようなお酒を、料理が好きな方には家電をといったように、事前に相手の趣味や好きなことを聞き出しておくことも大事です。風呂敷や袱紗、アロマポットや石鹸なども最近人気があるギフトの一つです。夫婦で話し合いながらプレゼントを決めるのも楽しい時間になるでしょう。
次に、法事に参列して頂いた方にお渡しする引き出物を紹介していきます。法事では保存食やお茶などなくなるものが良いとされています。日本茶や海苔、そばやうどん、洗剤や石鹸、ハンドタオルやバスタオルは定番のアイテムです。最近では酸っぱい昔ながらの梅干しとはちみつで甘く味付けされた梅干しのセットなども人気があります。またおせんべいやお米など、毎日でも食べるような食材を選ぶ方も増えています。
引き出物を選ぶ際に注意するポイントは、持ち運びが簡単にできるかという点です。特に食器セットや洗剤、お米などは3㎏から5㎏ほどするものもあるので注意が必要です。遠方から来て貰っている方や年配の方は特に持ち帰るのが困難となります。その際は宅配サービスを利用するのも一つの手段です。宅配なら手ぶらで帰ってもらうことができるので、二次会への移動も身軽に行うことができるというメリットがあります。

次の記事へ

ギフトパッド、株式会社カルビーのオリジナルギフトの販売を開始|「カード1枚」「メール1通」で贈れるあなただけのギフト|販促ノベルティ|ギフトパッド - GIFT PAD