ギフトパッド

好きな品物を選んでもらえるカタログギフト

ホーム > コラム > 好きな品物を選んでもらえるカタログギフト

好きな品物を選んでもらえるカタログギフト

ギフトを贈る時は常識やマナーに気を付ける必要がある



家族や親しい友人へのギフトであれば、特に深く考える必要もありませんが、仕事関係の人や目上の人などへのギフトの場合は、マナーや常識を理解しておく必要があります。マナーや常識に外れたギフトを贈ってしまうと、社会人としての常識が疑われることになるでしょう。結婚祝いには陶器・ガラス・包丁などの割れる・切れる・別れるといったことを連想させる品物を送ってはいけませんし、出産祝いでも縁を切る意味を持つ刃物などは避ける必要があります。新築や出店祝いの場合は、火事や赤字を想起させる赤を使うのは適切ではありません。結婚や出産などは人生における大きなイベントなので、マナーに反したギフトを贈ると、いつまでもマイナスのイメージを持たれる可能性が高いので注意しなければなりません。

お中元やお歳暮は贈る相手が負担を感じない程度の品物で、好みに合って喜ばれる品物を選ばなくてはなりません。自分の好みでギフトを選ぶのではなく、どのような品物であれば喜んでもらえるのかを、考えることが大切です。お中元やお歳暮の相場は3千円~5千円程度、特別にお世話になった人に対しては5千円~1万円位の品物が適当だとされています。結婚・出産・お中元・お歳暮など、ギフトを贈るシーンごとのマナーや常識を覚えましょう。せっかくギフトを贈るのですから、相手に喜んでもらえるように配慮しないと、意味がありません。もしも、ギフトに関するマナーなどに自信がない場合には、カタログギフトを利用すると良いでしょう。



好きな品物を選んでもらうのが一番



カタログギフトとは、貰った当人がカタログの中から好きな商品を選べるギフトです。数多くの商品の中から希望するものを選べるので、不要な品物や好みではない商品が届くことがなくなります。常識やマナーが重要視される冠婚葬祭などのギフトでも、カタログのギフトであれば相手に対して失礼な商品を贈ることがありません。予算や用途に応じたカタログが用意されていますので、目的に合ったギフトを贈ることが可能です。また、商品を選んで送る場合は相手の都合が悪い時に届く可能性がありますが、カタログギフトであれば当人が商品を発注することになるので、都合の良い時期に受け取ることができます。

さらに最近では、紙のカタログを送って選んでもらうのではなく、インターネット上のWEBカタログを見て商品を選ぶサービスも利用できるようになっています。紙のカタログは重くて嵩張るために邪魔に感じることもありますが、WEBカタログならば手軽に利用できますしカタログが不要になった後にゴミに出すなどの手間も不要です。WEBカタログは、カードやチケットを贈って商品を選んでもらうだけではなく、メールやSNSでも贈れます。

メールやSNSであれば、相手の住所を知らなくてもその場で贈ることができますし、親密なコミュニケーションを取りながらギフトを贈って喜んでもらうこともできるでしょう。今ではカタログのギフトも、さまざまシーンで数多く利用されるようになっていますので、冠婚葬祭や目上の人へのギフトでも使うことができます。本当に喜んでもらえるギフトを贈りたいのであれば、カタログのギフトを利用することを検討してみましょう。



企業のギフトやノベリティとしても使える



カタログギフトと同じように、もらった人が好きな商品を選べる商品券もありますが、商品券は商品を交換するために店舗に出向かなくてなりません。それでも、商品券を使える店舗が近くにあれば良いですが、商品券を使うためにわざわざ遠出しなくてはならないのでは、相手に大きな負担を掛けてしまいます。その点、インターネット上で商品を選べて手続きも簡単なWEBカタログは、出掛ける手間も不要ですし、好きな時間を利用することが可能です。

WEBカタログは個人で利用するだけではなく、企業のギフトやノベリティとしても使えます。時間と費用を使って用意した品物でも、渡した相手に良い印象を与えられないのでは、業績の向上に貢献できません。そのため、貰った人の本当に欲しい品物に交換できるカタログのギフトを用いれば、会社に対して好印象を持ってもらえますので、今後の業績の向上に期待することができるでしょう。メールやSNSが利用できるWEBカタログであれば、インターネット上でギフトコードを配信することもできるので、ネットでの取引を主とする企業でも活用できます。このように、相手の好みの品物を贈ることができるカタログギフトは、贈った相手に喜んでもらうだけではなく、さまざまな使い方ができる贈り方です。どのような品物を選べば良いのか困った時だけではなく、より効果的なギフトの贈り方としてもカタログのギフトを使ってみましょう。カタログのギフトを利用して喜んでもらえれば、相手と良好な関係を築くのに役立ちます。

次の記事へ

ギフトパッド、株式会社カルビーのオリジナルギフトの販売を開始|「カード1枚」「メール1通」で贈れるあなただけのギフト|販促ノベルティ|ギフトパッド - GIFT PAD