ギフトパッド

入会特典としてカタログギフトをプレゼント!

ホーム > コラム > 入会特典としてカタログギフトをプレゼント!

入会特典としてカタログギフトをプレゼント!


入会特典で人気のカタログギフト



入会特典として色々な商品を渡すという企業は多いですが、あまりぱっとしない入会特典を渡してしまうと、お客さんががっかりしてしまう可能性もあります。中には、入会特典で入会をするかを決めるか判断するという方もいるので、出来るだけ魅力的に感じる特典を用意することが重要です。しかし、人それぞれで好みも異なるので選ぶのが難しい場合もあります。そのようにどんなアイテムが良いのか悩んだ時には、鉄板アイテムとして知られる、カタログギフトを用いることがおすすめです。

カタログギフトとはその名の通り、カタログ状になっており、カタログの中から好きなギフトを自身で選ぶことが出来るというものです。結婚式などのイベントの際に引き出物として使われることも多く、万人受けするタイプの特典として、近年重宝している企業が少なくありません。コスト的にも良いものが多く、ポイントや商品券の特典を付けるよりもお得に特典を付けることが出来る点が、人気の理由の一つとされています。

そんな特典ですが、カタログにもいくつか種類があり、その時々のコストやイベント内容に合わせたカタログを選ぶことで、より一層特典感が増すといえるでしょう。こちらは業者とも要相談となりますが、ギフト内容は企業側が選べるという場合や、自社製品を盛り込める場合もあるので、そうした業者に依頼をすると、より企業アピールをすることが可能です。

カタログタイプのギフトであれば、その場で選ばないといけないという焦りが生まれず、帰ってから後悔されるということもほとんどありません。正に、万人受けするタイプ、安定の特典として、様々な場面で活用することが出来るでしょう。商品と違ってカタログの方がかさばらないということも多いため、その点も魅力の一つです。



カタログギフトにするメリット



入会特典としてカタログギフトを選ぶメリットは、お客さんだけではありません。例えば、このようなメリットがあることで知られています。

まずは、自社製品をカタログ内に盛り込むことが出来る業者も多いという点です。カタログの中に、自社製品を盛り込むことが出来るので、企業PR、新商品のPRとして、宣伝効果を上げることも出来るでしょう。お金を使わずとも、入会した方に対して自然とPRすることが出来る分、宣伝効果が抜群です。

次に、コストに合わせて商品を選ぶことが出来るという点でしょう。カタログの内容は自由に選ぶことが出来るので、予算に合わせてどんな商品を盛り込むか、選ぶことが出来ます。例えば、出来るだけコストを抑えたいという場合は、品数を減らすか、選ぶギフトの単価を下げるなどしても、選べる部分でお得感があるので、ケチられたという印象を受けにくいのが特徴です。

そして、WEBカタログを使ったカードタイプも流行しているという点です。カタログとしてその場で配るというタイプのみではなく、ギフトカードという形でカードを配布して、帰宅後、WEB上でそのカードを使ってギフト内容を見ることが出来るシステムも導入されています。どれくらいのカタログが必要かわからないという場合も、カードさえ作っておけば分厚いカタログを持ち歩かずに済むのです。

このように、入会者のみではなく、配布する企業側にも様々なメリットがあるのが、カタログギフトの大きな特徴といえます。非常に万人受けするタイプとして、多くのビジネスパーソンから活用されています。



どんなギフトが選べる?



入会特典のカタログギフトの内容は、企業側が自由に選ぶことが出来ます。コストやイベントの内容などに合わせて、好きなものを入れることが出来るでしょう。例えば、このような商品を選択する企業が少なくありません。

まず、食器類など、日常生活で無難に使えるポピュラーなタイプのギフトです。お箸やカトラリーなど、日頃の生活で使える無難なアイテムは、安定して人気があるので、盛り込んでおくという企業が多いでしょう。出来るだけコストを抑えることが出来るのも特徴です。

次に、お肉やお魚、グルメ商品など、美味しく食べることが出来るタイプの商品です。海の幸、山の幸など、各都道府県のグルメを盛り込むことが出来る業者も少なくありません。グルメの内容がいくつか用意されている所も多く、選べるギフトの鉄板商品として、こちらも多くの企業に選ばれています。こちらのタイプは主婦層に特に人気があり、女性から安定した人気を持つタイプといえるでしょう。

そして、家電など、ちょっとした使えるアイテムです。家電と言っても高級品ではなく、ハンディクリーナーや電動歯ブラシなど、本当にちょっとした使えるアイテムを盛り込む企業が少なくありません。こうしたアイテムは男性から人気が高く、男性層を取り込むためにいくつか入れておくという企業戦略もあります。

また、自社製品をカタログに盛り込んで宣伝をするという企業も多く、自社製品に合わせてギフト内容を変えるという所も少なくありません。自社製品が出来るだけ目立つように、ギフト内容を工夫するという所が多いです。

次の記事へ

ギフトパッド、株式会社カルビーのオリジナルギフトの販売を開始|「カード1枚」「メール1通」で贈れるあなただけのギフト|販促ノベルティ|ギフトパッド - GIFT PAD