ギフトパッド

ノベルティの制作をしよう

ホーム > コラム > ノベルティの制作をしよう

ノベルティの制作をしよう


ノベルティを制作する利点について考えよう



ノベルティはイベントや店舗などで配布されているもので、販売促進のために企業やお店が消費者へ宛てて配布をするアイテムです。基本的には無料で配られることが多くなっています。使われるアイテムは数えきれないくらいあると言われており、中にはオリジナルで制作をする企業も少なくありません。一般的には販促品に企業名やロゴ、商品名などが入っているアイテムが多いです。

当たり前のように企業や店舗が配布していますが、いつから始まったかというと歴史は古く、江戸時代にお店が客寄せのために始めたとされています。古くから行われていることで今でもたくさんの企業や店舗が活用している方法です。そんな魅力的なノベルティですが、制作をすることで具体的にはどのような利点があるのでしょうか。ここでは利点についてもお伝えします。

まず一つ目に配布する利点としては企業の認知度をアップさせることが可能な点が挙げられます。基本的にノベルティには必ずと言っていいほど企業名やロゴマークなどが入っています。宣伝したい内容を入れるのが基本になりますが、消費者が受け取って使ってくれることで企業名がたくさん人の目に触れることになり、覚えてもらうことができたり、アイテムを見た人から他の人へと宣伝することができます。配布して使ってもらうことで自然と企業名などを覚えてもらうことができるというのは魅力的です。特にもっといろいろな人たちに企業のことを知ってもらいたいというところは制作した方がいいでしょう。

続いて二つ目の利点は新規顧客獲得のチャンスとなることです。例えば普段は売られていないアイテムを他の人が使用していたら、人はどこで購入したのか気になるものです。特にそれがノベルティで非売品だと知れば、制作した企業に興味を持ってもらえる可能性もあります。興味を持ってもらえれば新規顧客獲得のチャンスにもなるので、そのためにもノベルティは制作されています。このように、ここでは利点を紹介しましたが、これから制作をすることについて考えている方もいるでしょう。特に魅力的に感じている企業は早めに制作に取りかかった方がいいでしょう。



ノベルティの制作で注意したいこととは?



これからノベルティの制作をしようと考えている企業も多いでしょうが、制作する際にはいくつか注意しておきたいポイントも存在しています。特に成功させるためには注意点についても把握しておくといいので、具体的にここではお伝えします。

まず、費用対効果についてあらかじめ考えておきましょう。例えば消費者のために大量に制作をしたとしても、効果よりも使った費用の方が大きければ意味がありません。せっかく導入をするなら効果も大きく得たい企業の方が多いので、できる限り初めのうちに費用対効果については考えるようにしましょう。しっかりと考えることである程度失敗は避けることができます。

続いて二つ目は誰が受け取ってくれるかを考えて制作することです。例えば製作しようとしているグッズがターゲットユーザーにマッチしていないとなると、受け取ってもらえる確率も低くなりますし、受け取ってもらえても使ってもらえない可能性が高くなります。できる限り事前に誰に渡すかを調査し、そのターゲットを意識して制作することで、喜んでもらえる可能性も高くなり成功の確率も上がります。ターゲットを意識することもノベルティを制作する時には大切です。

また利用シーンを考えてオリジナルで制作することも大切です。例えば外に持ち歩くアイテムを制作する場合、大きなロゴマークや企業名が入っていると使いづらいと判断されてしまいます。宣伝したい気持ちは分かりますが、利用シーンも考えて作らなければ使ってもらえません。利用シーンによって求められるものは違ってくるので、事前に話し合ってから制作方法を考えるようにします。

このように、制作で注意したいことについて説明しましたが、事前に注意点を把握しておくだけで失敗のリスクも減ります。成功に近づけるためにも何に気を付けたらいいのか考えましょう。



せっかくノベルティを制作するなら良きパートナーを見つけよう



これからノベルティを制作するなら、サービスを導入するために企業へ依頼をすることになりますが、どこの企業に依頼をするかは重要です。良きパートナーを見つけることもノベルティには大切なことなので、ここでは選び方のコツについて紹介をします。

まず重要なのが在庫管理です。例えば大量に制作をしたいけど在庫を管理できる倉庫などがないということもあるでしょう。こういった場合でも在庫管理が不要になるようにサービスの導入をしてくれる企業も存在しています。依頼をする時には在庫管理についてもチェックしておくといいでしょう。

また、発送の代行も可能かをチェックしておきましょう。発送業務は意外と手間がかかります。できる限り負担を軽減するためにも、代行してくれる企業のサービスを導入した方がスムーズにノベルティを配布することができます。

次の記事へ

ギフトパッド、株式会社カルビーのオリジナルギフトの販売を開始|「カード1枚」「メール1通」で贈れるあなただけのギフト|販促ノベルティ|ギフトパッド - GIFT PAD