ギフトパッド

ソーシャルギフト、時間差なしの気持ちをSNSで届けよう

ホーム > コラム > ソーシャルギフト、時間差なしの気持ちをSNSで届けよう

ソーシャルギフト、時間差なしの気持ちをSNSで届けよう

ソーシャルギフトとは


ソーシャルギフトを知っていますか?ソーシャルネットワークサービス、いわゆるSNSを使った新しいギフトの形です。SNSといえばコミュニケーション手段の最たるものですが、そのコミュニケーション手段をさらに発展させた形がソーシャルギフトです。SNS上の知り合いや友人はそれほど深い関係ではない場合があります。しかし、常に連絡を取り合う密な関係でもあります。突然誕生日のプレゼントを送りつけるのは気が引けるが、何かプレゼントをしたいという場合には最適です。またSNSを頻繁に利用している人の中には遠方やいたるところに知人や友人がいる人もいます。そんな人たちにもソーシャルギフトを使って簡単に送ることができます。
ソーシャルギフトの仕組みはそれぞれのサービスにより若干異なってきますが、だいたいの流れは次のようになっています。まず送る側がソーシャルギフトサービスを利用してギフトを購入します。送る相手にSNSやメールでメッセージを発信しプレゼントを贈る旨を伝えます。送られた方はメッセージが届いたら送り先の住所を入力したり、実店舗に行きスマホの画面を表示したりすることでプレゼントを受け取ることができます。贈ることのできるものは食べ物や飲み物、旅行などの体験型のサービスからお店のドリンクチケットなど広範囲にわたっています。金額も多岐にわたっていますので気軽なお礼から本格的な贈り物まで用途によって使い分けることもできます。
SNS上の友人は住所も知らない場合が多いですが、わざわざ聞きだしたりする必要もないのでサプライズプレゼントにはうってつけです。またプレゼントとしての体裁が欲しい場合などに、チケットとして本人に送るサービスなどもありますので臨機応変に対応できます。

無限に広がっていくソーシャルギフトの輪


SNSで気軽に色々な人と繋がっていける時代ですが、ギフトに関しても気軽に送れるソーシャルギフトは人とのコミュニケーションを加速させる可能性を持っています。例えば仕事や何かのことで人とトラブルになってしまった場合、おわびの気持ちと共にちょっとした小さなプレゼントをメッセージに付け加えたら、送られた方はほっと気持ちも和むのではないでしょうか。
また色々なシーンでソーシャルギフトが活躍します。例えば実家に小さな子供を連れて帰省する場合、手荷物が多くなりお土産を持っていくのも一苦労です。お土産の箱が壊れないように持って行くだけでも大変ですが、ソーシャルギフトだったらどうでしょう。スマートにさっと渡すことができますね。大切な友人の誕生日が気がついたら今日だった、という場合にもソーシャルギフトの出番です。その友人が遠方に住んでいる場合どうしても間に合いません。でもソーシャルギフトならすぐに送ることができます。
結婚式の引き出物に利用するのもいいアイデアです。相手のスマホにお礼のメッセージと共に渡せば手渡しされた時以上の驚きと感動が体験できます。ゴルフなどの大会のコンペの景品としても利用できます。実物を贈ると荷物が増えて何かと不便だという人もいるでしょうが、ソーシャルギフトでしたらそんな心配も無用です。
また店舗の販売促進の一環としてイベント、キャンペーンのギフトに使うこともできます。不特定多数のお客さんの好みを察知してプレゼントを用意するのは至難の業ですが、ソーシャルギフトだったらその悩みも解決します。豊富なギフトの中から選ぶことができるので贈られる方も楽しみがあります。また御来場の記念品やご成約記念などにも利用することができ、普段の贈り物としてだけではなく考えようによって無限に広がっていく可能性を秘めています。

ソーシャルギフトに関しての豆知識


ソーシャルギフトはSNSを使った現在最先端のギフトの形態ですが、古来から人間はギフトを贈ることでコミュニケーションを円滑にしてきました。古今東西のギフトの歴史を見ながら、現在のソーシャルギフトに至るまでを簡単にご紹介します。
日本でのギフトに関した文献には、「魏志倭人伝」で有名な卑弥呼が、西暦239年に魏の国に貢ぎ物として絹や金、真珠などを贈った記録があります。魏の国からは銅や鏡、刀などを贈られました。中国からの貢物として奈良時代に天皇へのギフトとして贈られたのは薬用効果もある朝鮮人参でした。また江戸時代には大奥への贈り物として珊瑚などの宝飾品や銀などが出世のために利用されたようです。所変わって古代エジプトでは金の装飾品や絨毯に宝石を包んで贈り物にしたり、かの有名なクレオパトラがローマの皇帝に自分自身を絨毯に巻いて献上物にしたという逸話も残っています。アジアの従属国からはオリーブやごまの油も貢ぎ物として利用されていました。近年の例ですと日本の首相がロシアの大統領に日本犬を贈ったこともあります。
SNSが誕生したのは2002年ですが、その時は誰もギフトとSNSが関連づけられるとは思ってもみなかったのではないでしょうか。2012年ごろに電子マネーと同じようにデジタルギフトを取り扱う企業が出てきました。長い歴史があるギフトですが人の営みのあるところでは、ギフトは贈ったり贈られたりいわば必需品です。友人とのコミュニケーションから広くは外交に至るまで様々な手段で使われています。今まではギフトというと少し改まった感じがしました。これからは思い立ったらすぐに送ることができる時代です。ソーシャルギフトをコミュニケーション加速の一環として、気持ちをダイレクトに相手の心に伝えましょう。

次の記事へ

ギフトパッド、株式会社カルビーのオリジナルギフトの販売を開始|「カード1枚」「メール1通」で贈れるあなただけのギフト|販促ノベルティ|ギフトパッド - GIFT PAD