ギフトパッド

コスト問題も解決した進化するカタログギフト

ホーム > コラム > コスト問題も解決した進化するカタログギフト

コスト問題も解決した進化するカタログギフト

悩みが尽きない贈り物


カタログギフトは、1980年代後半から徐々に広がってきました。どのようなものかというと、記念日やさまざまなお祝いごとに、結婚式に来てくれた人たちに贈るものを何を贈ったらいいのか、どんなものを贈れば失敗せずに済むのか、などどうしても、贈るものに悩んでしまう人の悩みを解消するために、広がり始めたものです。
このギフトの主な流れとしては、まず贈り主である自分が、贈りたい相手の好みのギフトをグルメのギフトコースやスイーツや女性向けのギフトコースなど、さまざまな種類があるギフトコースから選び、自分の中で決めていた予算内で価格を設定してから、ネットだったり、直接店舗などで注文します。そして注文したカタログギフトを、贈りたい相手に直接手渡しするか、メーカーから贈りたい相手宛てに配送するかを決めます。そうして、カタログギフトを贈られた相手は、その中から好きな商品を一つ選んで、カタログのメーカーに申し込むことで商品が届く、という流れになっています。こうすることで、贈り主である自分は、贈りたい相手に何を贈ればいいのか、本当にこれを贈って失敗しないかという不安や悩みを抱える必要がなくなります。
しかし、何を送るかという悩みを解消できるその反面で、カタログギフトにはいくつかのデメリットがあります。デメリットの一つが、例えば結婚式の引き出物をカタログギフトにすることになったとき、カタログギフトには基本的に紙タイプのものがほとんどなので、相手が喜ぶものがあればいいと掲載される商品が多ければ多いほど、分厚く重くなり、かさ張ってしまいますので、遠方からきた来賓者にとってはあまり喜ばれるものではありません。さらに紙タイプのものだと、ただ渡すだけで終わってしまうので、あまりに淡々としていて、新郎新婦の気持ちが感じられないということもあるかもしれません。

デメリットを解消


カタログギフトは贈り物として便利ですが、かさばるなどのデメリットを何とかしたいという人は少なくないでしょう。そんなデメリットを克服したのが、SNSやカード1枚で贈るカタログギフトです。
このカタログギフトは、サイトからギフトを購入してWEBカタログを作成します。作成するときに、既にあるギフトコースだけではなく、相手の好みに合わせた贈り主独自のギフトコースを作成することができます。オリジナルのカタログが作成できたら、そのカタログのURLを記載してるカードを作り、贈りたい相手に渡すことで、相手がWEBカタログを見て選ぶという流れになります。
このように従来の紙タイプのものではなく、カード1枚のカタログギフトならかさばる心配もなく、ギフトコースも相手の好みに合わせたオリジナルなので、結婚式に来てくれた人たちに喜ばれやすくなっています。さらに、このカタログギフトのWEBでは、動画を載せることもできますので、来賓者への感謝の気持ちが伝わりやすくなっています。
紙タイプのカタログギフトは使った後も残しておきたい方のために、アルバムのような形にできたりするサービスなどもありますが、やはりかさばって場所をとりたくない人が多数いるでしょう。そんなときに便利なのがWEBのカタログギフトです。紙タイプのものだと配送料がかかってしまうことがありますが、WEBカタログでは配送料などのコストを削減することができます。
なるべくコストを削減して、あまりかさばらずに、贈りたい相手に喜ばれるカタログギフトを贈りたいと悩んでいる方は、WEBカタログがおすすめです。

誰もが喜べる品を


自分たちの好みで選んだ記念品は、相手側の好みが合わないことも珍しくありません。ごみとして捨てたり、売ってしまうのも、相手に悪いと考える方が多いので、迷惑をかけないよう、どんな品を選ぶかは非常に神経を使います。カタログギフトが生まれたのも、そうした背景があり、自由に品物を選べるスタイルは人気を集めました。選べる品が増えたことで、必要な冊数の発注や郵送費などのコスト面でのデメリットが取り上げられるようにもなり、コストカットの方法として、カードを使ったスタイルが誕生しました。好きな品を選ばせるシステム自体は変わらなくても、コストをはじめとする問題に対応するなど、贈り物を届ける相手はもちろん、自分たちも喜べる品として、新たに注目を集めています。
記念品に関するコストの問題は、個人レベルだけでなく、組織レベルの問題としても取り上げられています。企業でも記念品を贈る機会は多く、大量のカタログを用意するコストは大きな負担となっていました。カードタイプが登場したことで大幅なコスト削減が行われるなど、企業でも大きな話題を呼んでいます。感謝の言葉などを記載するなど、状況に応じたカスタマイズも容易に行えるサービスもあるので、それらを活用することで、コストは削減しつつも、贈り物としての魅力を高められるのも大きなポイントです。
そんな誰もが喜べる記念品をぜひ使ってみたいという方は、どんなサービスがあるのかぜひチェックしてみてください。

次の記事へ

ギフトパッド、株式会社カルビーのオリジナルギフトの販売を開始|「カード1枚」「メール1通」で贈れるあなただけのギフト|販促ノベルティ|ギフトパッド - GIFT PAD