ギフトパッド

カタログギフトを販促品に利用するメリット

ホーム > コラム > カタログギフトを販促品に利用するメリット

カタログギフトを販促品に利用するメリット


企業や商品のアピールに欠かせない販促品



新商品や企業の認知度を上げたいと思った場合、テレビやラジオでCMを流したり、雑誌・電車などでの広告を掲載したりするなどさまざまな手段が考えられます。それぞれの方法にメリットがあり、そしてそれにかかるコストもまた異なります。そんな認知度を上げるための手段の一つに販促品を用意するという方法があります。

販促品は商品をアピールしたい場合には実際の商品やサンプルを用意することで商品を知ってもらったり、その良さをアピールし購買に繋げたりすることを目的として用意します。街頭などで配布されていることもあれば、店舗でお会計を済ませた後にもらえるような場合もあります。一方で企業自体やオリジナルのブランドをアピールしたい場合には、ボールペンやポケットティッシュなど、使ってもらいやすい日用品に分かりやすく企業名やロゴ、キャッチコピーなどをプリントしたものを用意し、街頭や展示会・イベントなどで配布します。現在はさまざまなグッズがあり、先に述べたボールペンなどの他にもクリアファイルやメモ帳、エコバッグ、風船、さらにスマホスタンドなど変わったものもあります。

手にとってもらいやすいものであればその分だけ配布数が上がり、それに伴い認知度も上がることになります。また、日用品を用意することで親しみやすさをアピールするという効果も期待できます。オリジナリティーをもった販促品であれば、個性をアピールしたりイメージを定着させたりする効果も得ることが可能です。



販促品を用意する際に考えるべきこと



販促品を用意する時にはまず受け取る側に立って考える必要があります。手にとってもらいやすいこと、使いやすいものであることなど、さまざまなことを考えながら用意をしなければなりません。その中でまず抑えたいものの一つにイメージが挙げられます。いくら需要がありそうなものや使い勝手がよさそうなものを探し当て、予算内に収めて用意ができたとしても、企業やブランドのイメージと大きくかけ離れたものを使ったのでは受け取った人の印象には残らないものとなってしまいます。そうなれば本来の販促品としての目的が果たせないため、効果が得られません。つまり、しっかりと目的を果たせるグッズを選ぶ必要があります。

そのためにはターゲット層も考えることが大切です。女性がメインとなるような場合であれば女性受けしやすいものが当然必要になってきます。女性の中でも年齢層によって用意するものを変えることが必要となる場合もあるでしょう。他にも家族連れ、年配者向けなどいろいろなケースが考えられます。時には子どもがターゲットとなることもあります。やみくもに幅広いグッズの中から選ぼうとするのではなく、商品やブランドをアピールしたいターゲットを明確にし、関心を持ってもらえるようなグッズに着目してみましょう。

上記の内容が決まってくればある程度方向性も定まってきます。その中で次はサイズにも配慮をしてみましょう。大きいもの、かさばるものは受け取る側からすれば、気になるものであっても持ち帰りや移動の際の荷物になるため遠慮されがちです。かと言って、あまりにも小さなものであれば紛失してしまうリスクがあります。また、条件に合うものというだけでなく当然予算もあるでしょうから、それらも含めてさまざまな角度から分析してグッズを選ぶ必要があります。



カタログギフトのメリットを生かした販促品



上記のことをふまえつつ販促品を用意しようと思うと、難しいと考えてしまう人もいるのではないでしょうか。しかし、大事なポイントを抑えておくことで選びやすくなります。

最近になって登場してきている新しい販促品の一つとして、カタログギフトがあります。カタログギフトと言えば結婚式での引き出物や内祝いのお返しなど、近年はさまざまなシーンで利用されているので、なじみがあるものとなってきています。

そんなカタログギフトは贈る相手の好みが分からない場合や幅広い年齢層や性別にも対応できるという利点を持っています。他にも贈った相手に好みのものを選んでもらえるという、大きなメリットがあります。さらに、かさばらないものなので受け取ってもらう際に遠慮されたり、敬遠されたりしてしまうということも無くしやすくなっています。この利点に関しては用意をする企業側にとっても、保管スペースが少なくて済むことや、イベントなどでの当日の荷物が少なくなるというメリットをもたらしてくれます。このカタログギフトは販促品選びの悩みを解消するにあたって一役買ってくれるアイテムとなる可能性を秘めています。ただし、この販促品の場合は受け取った方が引き換えを忘れてしまうと手元に残らないという面も持っているので、気をつけたいところです。

販促品は選び方によって幅があり、またその効果も左右されるものです。受け取り手に印象を残せるものを、しっかりと吟味してから選ぶようにしましょう。

次の記事へ

ギフトパッド、株式会社カルビーのオリジナルギフトの販売を開始|「カード1枚」「メール1通」で贈れるあなただけのギフト|販促ノベルティ|ギフトパッド - GIFT PAD