ギフトパッド

「ソーシャルギフト」と呼ばれるギフト商品について

ホーム > コラム > 「ソーシャルギフト」と呼ばれるギフト商品について

「ソーシャルギフト」と呼ばれるギフト商品について

これからギフトを贈りたいと考えている方へ



時代が移り変わるのにつれて、ギフトの贈り方にも変化が訪れてきています。例えば、現在では従来のような紙仕様のカタログギフトではなく、メールやソーシャル・ネットワーキング・サービスを利用した「ソーシャルギフト」と呼ばれるサービスも存在します。利用することのできるシーンとしては、企業が主催するイベントで景品をプレゼントしたり、ノベルティを使用して新たな顧客層を開拓するためにアプローチしたりと、さまざまなものが挙げられます。ソーシャルギフトは、従来のカタログギフトと同じように、贈られた人がさまざまな商品の中から気に入ったものを選択することのできるサービスです。したがって、プレゼントされたものの、自分の趣味・趣向に合わないという問題が起こるリスクも低くなります。

従来のように現物を手渡しするギフトの場合、品物のサイズや重量によっては、贈る側・贈られる側の双方にかかる負担が重くなるという問題点がありました。そのような問題を解決するためには、ソーシャルギフトを活用するのもおすすめの方法です。

ソーシャルギフトは、メールやSNSで贈ることも可能になります。従来の方法では、住所を知らない人や、その場にいない人にギフトを贈ることができないという問題がありました。しかしながら、メール・SNSを活用したソーシャルギフトであれば、URLを送信するだけで良いため、それらの問題点を解消することができます。これは、インターネット時代が到来し、さまざまなコミュニケーションツールが登場している中で、新しく誕生したギフトスタイルと言えます。このギフト商品は、誕生祝いや引っ越し・出産祝い、ポイント交換用ギフト、ウェブ上のキャンペーンにおける景品、環境への負担が軽いギフトとして利用することが可能です。



ソーシャルギフトを利用することでどのようなメリットがある?



ソーシャルギフトを利用すれは、従来のギフト商品にはないさまざまなメリットを得ることができます。例えば、オリジナルのウェブカタログを作成することができるのも魅力の一つです。具体的には、独自のデザインをほどこしたものや、撮影した動画・画像を使用した商品交換ページを作成することが可能になります。また、一人ひとりの適性やニーズ、希望条件に合わせて、女性向けやご当地グルメ、スイーツ、お肉といったギフトコースを設定することができるというアドバンテージもあります。ギフトコースの設定にあたっては、既存のコースから任意に選択するだけではなく、オリジナルのコースを作成することも可能になります。こちらの機能を活用すれば、あるジャンル・カテゴリーに特化したり、性別や年齢などの条件に合わせたりして、キャンペーン・ギフトを従来よりも効果的・魅力的なものへと作り変えることができます。

次に、自社の取り扱う商品を、ギフトやノベルティとして使用する場合、ソーシャルギフトのウェブカタログ上にアイテムを掲載することで、新たな顧客層を開拓することのできる可能性があります。そのような場面では、自社のギフト商品として利用するだけではなく、取引先での利用や、ソーシャルギフトの運営元企業が展開するギフトコースへの情報掲載も可能となります。

また、ノベルティやキャンペーン商品の場合、相手に対する感謝の気持ちを伝えるだけではなく、顧客のレスポンスをチェックすることも大切になります。ソーシャルギフトを活用すれば、アンケートページを設置し、ノベルティなどに新たな価値を付加することが可能です。



時代の流れに対応したサービスとしておすすめのソーシャルギフト



現在では、何らかの情報を収集するにあたって、インターネットを利用する人が多く見受けられます。そのような状況の中で、ウェブを活用したキャンペーンを実施することは、非常に有効な営業手段となります。こうした場面でおすすめなのが、ソーシャルギフトサービスです。こちらのサービスは、メールはもちろんのこと、SNSを介して特定のURLが記載されたギフトリンクを送信するだけで済むという、使い勝手の良さが魅力的です。

最近では、デバイスの複雑化や、SNSツールの増加といった時代の流れを背景として、ギフトシーンに対する社会的ニーズも変化してきています。また、自社内で一括配送・個別配送を行うためには、それなりの業務負担が掛かってくるという問題もあります。そして、従来のサービスでは、費用対効果が明確になっていないという問題点も存在しました。

一方、ソーシャルギフトサービスは、パソコンやスマホ、タブレットに対応しています。また、在庫管理の必要がなく、個配まで全ての業務をアウトソーシングする形となるので、社内リソースは不要で、担当セクションの業務負担を軽減することが可能です。そして、アンケートの結果などの統計データを解析し、問題点の把握や、改善策の実施をすることも可能になります。

次の記事へ

ギフトパッド、株式会社カルビーのオリジナルギフトの販売を開始|「カード1枚」「メール1通」で贈れるあなただけのギフト|販促ノベルティ|ギフトパッド - GIFT PAD